お得に納税する術|ふるさと納税の真実とは

食材

税の使い道を自分で決める

食材

希望する地方を選べる

これまで税金は、税務署に収めてあとは国や地方自治体に、その使い道を任せていました。ふるさと納税は、自分でその使い道が、選べる新しい制度です。ふるさと納税をまとめたサイトがいくつかあるので、そのサイトから自分が応援したい制度や地方を選びます。地方によってはお礼の品を設けているところもあります。その土地の特産の野菜や果物を選んで農業を応援することもできます。肉や魚を選んで、その土地の畜産業や水産業を応援することもできます。もちろん災害があって大変だから、お礼の品はいらないですよと、辞退することもできます。ふるさと納税は各地方に先に、お金を支払う形になります。そのためふるさと納税をしたことで、税金の控除を受ける時には、寄付行為をした次の年の確定申告をする必要があります。確定申告は最近は、インターネットで簡単に済ませることができます。自分の応援したい土地に、自分の収めた税金を使ってもらうことができて、応援している土地からお礼の品物が送られてきます。いままで税金を納めるだけだったのが、自分の意思で使い道が決められるので、税金を納める楽しさのようなものも感じることができます。よく知っている土地で何度も訪問している土地なら、その土地に対する愛着も深まります。そして美味しい農産物、海産物などを提供した人たちには代金が支払われるので、仕事のための機械を新しくできたりします。自分で選ぶことで好きな土地が活性化することが望める制度です。