お得に納税する術|ふるさと納税の真実とは

食材

納税の仕方として

食品

納税先を選ぶ方法

納税のときに支払う先は原則決まっていますが、応援したい自治体がある場合はその場所に支払う方法があります。それがふるさと納税です。ふるさと納税は形式上寄付という形になりますが、寄付をしたうちの一部が所得税や住民税から控除されます。この税金控除の仕組みはふるさと納税が始まる前から存在していましたが、手続きをより簡単にできるようにしたり、納税のお礼に地元の特産物を渡すようになったりしたことで広く知られるようになりました。ふるさと納税で税制上のメリットを受けるためにはまず自分がどこまで控除を受けられるかを知る必要があります。制度は改正されることがありますが、納税をした金額のうち控除の対象にならない自己負担の部分が存在します。またそもそも自分が所得税や住民税を控除が受けられるだけ支払っていなければふるさと納税の利点を受けられません。ふるさと納税を検討する場合はまず給与明細や源泉徴収票などを見て控除が受けられそうかを確認する必要があります。次に定められた計算式に当てはめてどこまで控除されるかを算定します。計算式は専用のサイトで計算してくれるところがありますのでそれを参考にすると簡単です。そして控除される金額を踏まえてふるさと納税先を選びます。選ぶ基準は自治体であったり、返礼品の魅力など様々ですが控除される金額を超えた部分は自己負担になるため、控除を優先するのであればその金額の範囲内で選びます。ふるさと納税を済ませたらその証明書をもらいます。その証明書は確定申告時に提出し、来年度の税金の支払い時にふるさと納税で支払った分がマイナスされて請求されます。一定の要件を満たす場合は確定申告をしなくても納税先の自治体が手続き代行をしてくれますが納税時にその旨を申告する必要があるため代行してもらうときは忘れずに申告してください。