お得に納税する術|ふるさと納税の真実とは

食材

社会貢献にも役に立つ

景色

犬の命を救うこともできる

ふるさと納税は、人口が都市部に集まることによって、地方公共団体の収入が減ってしまったことから、それを救済する制度として始まりました。地方を活性化させると同時に、ふるさと納税をした人には、確定申告をすることで節税ができるメリットがあります。近年では納税してくれた人にその地方の農産物・畜産物・海産物など、ありとあらゆるお礼の品が選べます。自分は節税できて、さらにお礼の品が届くことで、多くの人に広がっています。最近では、ふるさと納税にはどんなものがあるのかを紹介するサイトもいくつかできています。そのサイトの中には、NPO法人などの取り組みに寄付をする、というものもあります。殺処分されていく犬を救うためにふるさと納税を利用するものです。動物愛護センターなどに預けられたペットは、餌代、場所代などの問題からそこで保護する期間が決まっています。それを過ぎたら、殺処分されてしまうことで社会問題にもなっています。ふるさと納税はそんな命を救う取り組みにも使われています。納税の仕方は、主に振込用紙を使用することが多いです。しかし、ふるさと納税を取り扱っているサイトなどからは、カードでの支払いもできるのです。そのため、パソコンやスマートフォンあれば簡単に申し込むことが可能です。あとは寄付をした証明の書類が送られて来るのでそれを大切に保管しておいて、次の年の確定申告でふるさと納税をしたという申告をします。個々の収入に応じて節税の額は変わってきます。サイトによっては、いくらくらいまで寄付をするとお得な節税が出来るのか、というシミュレーションが出来るサイトもあります。