お得に納税する術|ふるさと納税の真実とは

風景

税の使い道を自分で決める

食材

ふるさと納税は、自分の収めた税金を自分の応援したい土地に贈ることで、各自治体を応援することができる制度です。税金を先払いする形になるので、確定申告が必要です。応援している地方によってはお礼の品を用意しているところも多いです。それが地方の活性化につながる制度です。

日本各地の特産品

野菜

税金が控除させる

今、話題になっているのがふるさと納税です。単純に税金が節約になるだけでなく、日本各地の特産品がもらえることが一つの楽しみになっています。スーパーなどでは手に入らない特産品をそのまま直送してもらえるため、話題になっているのです。加えて翌年度の税金も安くなるため、メリットが非常に多いのです。主に、特産品は食品が多くなっています。肉や魚などを中心に米や果物などを取り扱っている行政もあります。ふるさと納税を利用すると納税証明書が送られてきます。これだけでは、税金を控除させることはできません。確定申告を行い税金控除の手続きを翌年に行う事が必要なのです。自費で必要なのは2000円のみです。その他の金額は住民税や所得税の控除として計上されるのです。6月に配布される納税証明書に記録されていますので、これで確認することが必要になります。ふるさと納税は、金額の上限はありません。しかし控除される金額の上限は決まっています。そのため、前年度の年収や家族構成などを確認してどの金額まで控除対象なのかを事前に確認しておくことが必要になります。税金控除されると同時にその地域の特産品を貰えるため、お得な制度であることから利用する人も増えています。ふるさと納税を利用する場合には、利用できる金額の上限と、確定申告書を忘れずに行う事が必要になります。また大量に送られてくる場合もあるため、利用する前にホームページなどに記載されている詳細をチェックしておきましょう。

社会貢献にも役に立つ

景色

ふるさと納税をNPOなどの取り組みに使ってもらって、社会貢献することもできます。節税をして自分の懐も温かくなると同時に、気持ちも暖かくなるふるさと納税もあります。確定申告の必要があるので寄付の証明の書類はきちんと保管しておくことも大切です。

納税の仕方として

食品

ふるさと納税は納税先を選べたり、返礼品が魅力的であったりするため広く知られるようになりました。自分が控除を受けられる対象であるか、どこまで控除されるかなどを把握してから行うと最大限のメリットを受けられます。